映画感想アーカイブ fmovie2

映画の感想です。アーカイブであり、状況に応じてコンテンツは非表示になることがあります。

『ドラゴンボール超 ブロリー』を最大限に楽しむための5つの方法!(4DXネタバレなし感想)

今日の映画感想はドラゴンボール超 ブロリーです。

言わずと知れた国民的アニメ・マンガ『ドラゴンボール』、その劇場版の記念すべき第20作目となる作品ですね。
どうしよう…本作についてはバトルがものすげえ…観て…以上としか言えない…間違いなく劇場版ドラゴンボールの最高傑作でしたよ!


ドラゴンボール』におけるインフレに説得力を観たせた超絶バトル!
えーと、本当、もう、どうしよう。終盤のバトルの凄さを言語化するのはもはや不可能の域なんですよ。
どれくらいかと言うと、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』や『ガールズ&パンツァー劇場版』レベルかそれ以上のアクションつるべ打ちで頭がクラクラするばかりかスタッフの過労死を心配するレベル。
これをどう言おうが陳腐になるので、「いいから観て!すげえから!」としか言えない、それこそが最大の賛辞となる作品だったのです。

また、『ドラゴンボール』という作品群において、強さがインフレしすぎてどれくらい強いのかが想像しづらいという特徴があるのですが、今回の言語能力を失うほどの凄まじいバトルはそのインフレっぷりに説得力を持たせまくっているのですよ。
あー!これは確かに強さがインフレしてるわ!ドバイの通貨並みだわ!と大納得できるのです。この時点で素晴らしいではありませんか。

その甲斐あってか、ドラゴンボールファンからは軒並み絶賛の嵐。海外映画評価サイトIMDbでは10点満点中9.5点を獲得するまでになりました。全てのアニメ映画の中でもトップクラスじゃないか!

※たぶん日本在住の海外のドラゴンボールファンが投票している。

ドラゴンボール超 ブロリー』をもっと楽しめるための5つの方法はこれだ!
さてさて、そんな訳でそのバトルの凄さだけで存分にオッケー、そこに特化しているのでドラゴンボールをよく知らないという方でも、予備知識がなくても十分に楽しめる内容であるとは思うのですが…
ここでは、さらに『ドラゴンボール超 ブロリー』を最大限に楽しむにはこうするともっと楽しめるよ!な5つのポイントをお教えします。

4DXで観る
原作『ドラゴンボール』42巻を読む
作画:とよたろうによる漫画版『ドラゴンボール 超』既刊の8巻を読む
劇場版の前作『復活の「F」』と前々作『神と神』を観る
人気キャラ・ブロリーが登場する過去の劇場版(3作)を観る
※番号順に優先順位が高い感じでおすすめします。

1.4DXと相性超抜群で忘れらない映画体験…!
本作の4DXは本気で超良かった……!
何がいいって、

空をドーン!ビューン!などと飛びまくるシーンの風の演出が超絶マッチ!
気を溜める時には座席が「ゴゴゴゴ!」な感じで振動するよ!!
ハイパースピードバトルでぐわんぐわん座席が大揺れだよ!!
フラッシュも水しぶきも大盤振る舞いやー!
水しぶきは海面のすぐ上を超ハイスピードで飛んでいくシーンの臨場感が半端なかったですね…
フラッシュはブロリーのキャラに合わせて緑色になっているのも超良かったですね…。

IMAX版と悩むところですが、サイヤ人のスーパースピードバトルを体感できるんですよ!そのクオリティが間違いなくドラゴンボール史上最高なんですよ!だから!4DXで!観ましょう!お願い!

2.原作42巻を読んでおくとさらに面白いよ!
物語上でそれなりに(特に人気キャラのフリーザとの)過去の因縁が重要になってくるので、原作を読んで(アニメを観て)おいたほうが飲み込みやすいでしょうね。

3.『超』のマンガ版がめっちゃ面白いよ!
そもそも『ドラゴンボール超(スーパー)』とは2015年〜18年に放送されていたアニメシリーズで、原作マンガからのその先を描く新作です。
しかも原作者の鳥山明が脚本にもがっつりと関わっているのです。
そのマンガ版も展開しており、これがもうものごっそい面白い。作画も鳥山先生とほとんど見分けがつかないレベルだし、物語としても原作となんら遜色ない出来栄えじゃないか!

正直に言えば序盤は台詞量がかなり多いこともありノリきれないところもあったのですが、3巻以降はもうのめりこむようにハマりました。
ドラゴンボールは知っていても、『超』シリーズのことはよく知らない、という方はぜひ読んでみることをおすすめします。
既刊は8巻まででアニメ版の全てを網羅しているわけではありませんが、『超 ブロリー』の前の予習としては手取り早いですよ。

4.前作『復活の「F」』と前々作『神と神』も話が繋がってるよ!
劇場版の前作『復活の「F」』と前々作『神と神』も、今回と地続きになっているので可能であれば観たほうが良いでしょう(どちらも個人的には作品としてはちょっと…な不満もありますが)。
そして、アニメ版『超』シリーズでは、劇場版として展開した前作『復活の「F」』と前々作『神と神』の内容を重複して再アニメ化していたのですが、前述のとよたろうのマンガ版ではそこが良い意味で省略されています。
この劇場版2作と、とよたろうのマンガ版を押さえておけば、(アニメ版よりもはるかに短時間で)『超』の物語をおおよそおさえられるというわけ。

5.ブロリーが登場する過去の劇場版を観ておくと…?
今回は、過去の劇場版3作に登場したオリジナルキャラクター(原作マンガには登場しない)だったブロリーを久々に登場させた作品になっています。
予告編でベジータが「何者かわからんが」と言っている通り、過去の劇場版はなかったことになっているので、ブロリーを知らないという方でも今回は問題なく楽しめるでしょう。

しかし、今回はブロリー登場作第1作『燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦』のオマージュと思われるシーンもあり、作劇上もそちらを観ておくと感慨深いものがあるんですよね。

そして…その後のブロリーは、『危険なふたり!超戦士はねむれない』では始終「カカロットーーー!」しか言っていなかったり、『超戦士撃破!!勝つのはオレだ』ではバイオブロリーというドロドロの気持ち悪い奴になっていたりと、割と(個人的には)ひどい扱いになっていてガッカリしていたので、今回の活躍とキャラ描写には「こういうブロリーにしてくれてありがとう!」という感動がありましたよ!

※参考↓
ブロリー (ぶろりー)とは【ピクシブ百科事典】

物語もキャラ萌えも監督の熱意も素晴らしかった!
バトルだけでなく、今回は物語もとてもよく練られていて、ドラゴンボールという作品を知れば知っておくほどさらに感動できるものになっていました。序盤でまさか泣かされるとは……

あとね、今回の新キャラ2人が魅力的なんですよ。「適当な性格のイケイケお姉さん(超かわいい)と面倒見の良さそうなおじいさん(親しみやすい)」というコンビが尊いんですよ…ずっと見ていたい…!しかも作劇上もめちゃくちゃ重要であったりする…!
特にお姉さんのほうの「チライ」はすでにファンアートがたくさん投稿される人気ぶり。俺も大好きです!


※海外版予告でそのチライをサムネイルにするとはわかっているじゃないか…。

Twitterで検索するとみんなが幸せ↓
チライ – Twitter検索

さらにさらに、インタビューを読むと長峯達也監督の他、スタッフが真摯にドラゴンボールという作品に向き合っているかが、めちゃくちゃ伝わってくるんですよね……↓
DBMFL第22回は、映画『ドラゴンボール超 ブロリー』の制作を指揮する長峯監督にインタビュー!
DBMFL第24回は映画『ドラゴンボール超 ブロリー』の作画監督 新谷直大さんにインタビュー!

ありがとう…いや、ここは劇中のチライが言っているように「サンキュー!」でいいか、いや、でもやっぱり本当にこんなにも素晴らしいドラゴンボール映画を作ってくれてありがとうございます!

さてさて、以下からはネタバレありの音声レビューと、作品名を挙げるだけでネタバレになってしまうアレを紹介します。

以下は、ドラゴンボールの愛のあるイラストを多数手がけている南野いぶさんと語りあったラジオレビューです。15分45秒ごろからネタバレ全開なのでご注意を!


そして…もう1つ読んでおくといいのが、『銀河パトロール ジャコ』。理由は書きませんが(音声レビューでは語っています)、読むとさらなる感動がありますよ!